AEDでレンタルできる機種は色々ありますが、丈夫で壊れにくいことが大前提となりますので、防塵や防水の性能は優れていた方が良いと言えます。近年のAEDはこれらの部分がどの機種も特に優れていて、過酷な環境下でも壊れないようになっています。落下の衝撃に強いかも大事なポイントであり、人が持っていて落とした程度では壊れないことが大切です。慌てている時には手が滑って落としてしまうことがあり、そのくらいの衝撃で壊れていたら実用に耐えられません。

少なくとも1.5m程度の高さから落としたくらいでは壊れないものが望ましく、具体的に衝撃への強さが記載されているものがベストです。設置されている場所から使うところまで持ち運ぶことを考えると、コンパクトで軽量のものを選びたいところです。レンタルできるAEDには軽量で重量も1kgを少し超えるような機種があり、力のない人でも簡単に持ち運べます。AEDの会社では様々な機種を取り扱いますが、その中でも軽量で持ち運びに便利な機種をレンタルするケースがとても多いようです。

日常点検が容易であることもポイントになります。日常点検が複雑で手間がかかると、一定の人しか行えなくなって運用に支障が出ますが、簡単にできる場合には誰もがチェックできます。異常時にすぐに分かるようになっていて、その際の手順も明確化されていることが大事です。サービスの一環として異常時に駆けつけてくれると利用する側は安心できます。