AEDは、自動体外式除細動器と呼ばれるもので何らかの理由で心臓が停止してしまった時に電極パッドを所定の位置に貼ることで、機械が自動的に状況を判断し電気ショックを与えて心臓が動き出すようにするための機械です。通常医療機関などで使われている除細動器は、その扱いに慣れた医療従事者が行わなければならないものですが、AEDは、機械が自動で行なってくれるので非医療従事者でも行うことができます。心臓が停止してしまった場合には一刻も早く復帰するようにしなければなりませんが、外部からの心臓マッサージなどでは限界がありますし、ある程度訓練を受けた人でなければ正確に行うことができません。しかし機械が自動的にやってくれる場合には、取扱説明のイラストを見ながら行うことができ正確に電気ショックを与えることで素早く心臓を元の状態に戻すことができる可能性が非常に高まります。

このようなことから公共施設や大規模施設などでAEDの設置が進んでいますが、これらを導入する際にはレンタルやリースといった手段を選ぶのがベターです。AEDは購入することも可能ですが、一方で精密な機械ですから正しく作動するか確認しなければなりません。このため、購入する場合には維持管理にかかる費用が発生します。一方で一定期間利用することが前提であれば、リースやレンタルが選択肢として考えられます。

リースの場合には新品をリース会社が購入して貸与するという形になりますが、レンタルの場合には中古のAEDも選択肢になり短期間であれば他の方法を利用して導入するよりも費用を抑えられるものです。特にイベントなどや短期間だけ施設を移転するといった場合には購入やリースと比べて、レンタルは費用面でメリットが大きいものです。