近年、性行為が中学生や高校生などの若い世代のなかで近い存在になっています。その要因として、ネットの普及、避妊具の普及など様々なものがあります。ネットの情報のなかには誤った避妊方法が含まれていることもあり、それを鵜呑みにしてしまい、望まない妊娠をしてしまう女性の数も増えています。それにともないまだ経済的に子供を養えなかったりなどの理由から、人工妊娠中絶を行う人も増えています。

現在日本では条件付きで人工妊娠中絶が法律的に認められています。その条件は、妊娠満22週未満であること、身体的または経済的な理由で母体の健康を害する恐れがある場合や強制的に妊娠させられた場合のみ、「母体保護法」という法律で認められています。人工妊娠中絶の方法ですが、行う時期によって異なります。妊娠満12週未満の場合はそうは法と吸引法が行われます。

どちらも専用の器具を使って胎内にいる胎児を体外へ出すものです。12週以降は流産誘発法という薬を使ったものです。ちなみに12週後の人工妊娠中絶の場合は、死産証明が必要ですが、12週未満は物という認識になるので必要はありません。若い人ほど、行う時期が遅くなるというデータが出ていますが、遅くなるほど母体の健康を買いする可能性も高まります。

日本では人工妊娠中絶は認められていますが、認められていない国もあります。なかには、強制的に妊娠させられてしまった場合でも出産しなければならない国もあります。